TOP >> オペレータ業務のお仕事内容

オペレータ業務のお仕事内容

現在では小さな病院や診療所でもカルテなど診療情報はコンピュータによる管理が進んでいます。

患者さんの診療情報など入力を専門に行うお仕事がオペレーター業務になります。

入力情報は、患者さんの生年月日、住所、電話番号、保険証情報、診察内容、病状、薬剤の処方など重要な個人情報になります。

そのため、オペレーター業務は個人情報の守秘義務はもちろんのこと、コンピューター入力の正確や手際よくこなしていくことが求められます。

これからの医療事務のお仕事は、コンピューターのスキルも重要になってきます。